子供の為の知識

学資保険は何歳まで

学資保険は何歳まで加入できるのでしょうか。
学資保険とひとえにいっても、サービスを行っている会社はさまざまで、さらに内容も異なります。
学資保険はほとんどの会社で、15歳が加入上限とされているようです。
こう考えると、結構な年齢まで加入が可能なことに驚かされますが、年齢が高くなっていく分、毎月の掛け金も高くなっていきます。

学資保険は、今後の子どもの成長を考えていく上でも欠かせない保険となることでしょう。
例えば、高校、大学と成長するにつれて、学費は高くなっていきます。
中には専門分野を身につけるため、専門の学校に通いたいと思う子どもいるでしょう。

学費は思ったよりお金が発生します。
全てをカバーできるわけではありませんが、一部負担として活用が可能です。
貯蓄計画を立てたいときには、無理の無い範囲で計画を立てるようにしましょう。
ちなみに、保険会社のページから予定を組み立てることができるサービスもありますので、困ったときにはそこを参考にしてみるのもおすすめです。

子どもを育てていくには、幼稚園から小学校、中学校、高校などへ支払う学費が必要となります。
公立への進学と仮定しても、500万円から600万円ほどは最低でも必要で、最高だとその倍、3倍を覚悟しなければなりません。
さらに大学への進学を考えると、国立でも500万円から600万円、私立であれば800万円ほどの出費を覚悟することとなります。
このように、幼稚園から大学まですべての教育を終了させたとしても、最低でも1000万円ほどは必要となってきます。

さらに、このほか給食費や活動費、仕送り費用なども計算に入れていかなくてはなりません。
そう考えると、まとまった出費となる入学時などには、まとまったお金が必要です。
そのときのために、積み立ての保険が大切な役割を果たしてくれるのです。
保障型の学資保険・貯蓄型の学資保険のちがいとそれぞれの特徴や、妊娠中に学資保険に入ることのメリットなどがかいてあるサイトがありますのでご覧ください。

子どものためでもあり、同時に大人のためでもある保険。
だからこそ、選ぶときには慎重に選ぶようにしましょう。
こちらに 学資保険を利用するメリットについてや第一生命・ソニー生命・アフラックなどの学資保険についてかいてあるサイトがありますので比較して自分たちに合ったものを選んでください。

Menu