子供の為の知識

学資保険は元本割れしない

学資保険は元本割れしないといわれていますが、果たしてそれは本当でしょうか。
ここでいわれる元本割れとは、掛け金よりも満額時に受け取れるお金が少なくなるケースを指します。
もちろんそれまで積み立てを行っていたお金ですから、なぜ受け取り時に少なくなるのかは疑問でしょう。
なぜでしょうか。

それには学資保険の仕組みhttp://www.tri-eco.jp/donnnahokenn.htmlが関係していました。
学資保険には大きくわけて2つのパターンがあり、うち一つは貯蓄型、もう一つは保障型です。
どちらも祝い金や満額時のお金は受けとることができるのですが、保障型の場合は、医療保障や死亡保障がありますので、子どもが病気や怪我で入院した場合には、
満額時に受け取れるお金が変わってくる可能性があります。
返戻率の高い学資保険についてはこちらをご覧ください。

また、死亡時にも受け取れるお金は異なり、例えば満3歳以前に死亡してしまったとなったときには、基準とされている保険の金額の2割が受け取れる形になります。
同様に、4歳、5歳となると、4割、6割と割合は増えてくるものの、最終的な額にはなりません。
満6歳以降となって始めて、満額が受け取れるという形になります。

もし、今後の子どもの成長を考え、プランニングを行っていくときには、返戻率の高い保険に加入するようにしましょう。
満期返戻金で学資保険を選ぶのも1つの方法です。
保障を第一に考えたいときには、返戻率は低いが、その分保障の充実している保険を考えていくと、良いでしょう。
ただ保険に加入しておこうというのではなく、それぞれの会社の特徴やサービスを見極めることが大切です。
近年は学資保険を取り扱う会社の数も増加傾向にあります。

学資保険のみでは足りないと考えた際には、それとは別に貯金を行っていくというのもひとつの手段です。
子どものためであると同時に、プランを練るのは親にも密接に関わってきます。
急な出費や、子どもの怪我や入院で困ることを避けるために、あらかじめ保険についての知識を身につけていきましょう。
保険に加入したいときには、保険会社のページからプランニングできるところもありますので、そちらも活用してみてください。
学資保険と貯蓄のちがいはこちらを参考にしてください。

Menu