子供の為の知識

学資保険の掛け金

学資保険をいざするといったとき、頭をよぎるのは掛け金の金額です。
果たして、どのくらいの掛け金が必要となるのでしょうか。
具体例を踏まえて、見ていきましょう。

まず、保険会社によっても満期の時期は異なりますが、例えば月々20000円ほど払い続けると、払い込みは15年で、18歳で満期となり、300万円受け取れるというコースもあるようです。
但し、これはあくまで一例に過ぎません。
また、別途医療保障があったりすると、満期に満額が受け取れなくなることもあるので注意が必要です。

また、契約者が途中で亡くなった場合には、それ以降支払わなくとも保険金を受け取れるとするプランもあるようです。
満期時期を変更できるだけでなく、自分のプラン、そして子どものプランを考えた上で、保険に加入するようにしましょう。

もちろん子どもが、成長するにつれて高校や大学へ進学していくと、それに比例して学費も発生していきます。
そのための一つの助けとなるのが、学資保険です。
子どもが生まれたばかりのお父さん、お母さんは、これから成長していくであろう子どものプランをおおまかに考えた上で、徐々に肉付けしていき、具体性を持たせていくと
いいでしょう。
高校はここかあそこで、大学はあの大学。
といった具合です。
こうすることによって、必然的に学費も計算できます。

ただ、学費は入る学校によっても上下します。
中には倍近く違うところもありますので、将来設計はきちんとするようにしましょう。
これは子どものためでもありますし、同時に契約をするお父さん、お母さんの役割にもなってきます。

学資保険はあくまで保険の一種にすぎませんが、なにかあったときにはもう遅いともいわれています。
持病が明らかになったり、入院したり、怪我をしたりといったときに後悔することないよう、保険と同時に、保障内容についても明確にしていきましょう。
これからの子ども生活を安全なものにしていくためにも、今一度考えてみてください。

Menu