子供の為の知識

学資保険の基本的な特徴

学資保険は保険の一種には違いありませんが、子どもを対象としている点や、今後のライフプランニングに密接に関わってくるという意味合いでは大切な保険となります。
もちろん子どもだけでなく、契約をするお父さんやお母さんにも同じことが言えます。
この学資保険の具体的な特徴について、調べてみることにしましょう。

まず第一に、0歳から保険に加入できるという点です。
学資保険は、子どもの今後の成長に深く関係する保険です。
満期になれば満額受け取れるほか、区切りとなる年齢になったときにはお祝い金が受け取れます。

子どもの成長にはお金がかかります。
もちろん生活費や趣味に対して以外に、学費がかかってくるわけです。
大学全入時代と言われる昨今では、子どもの生涯教育費は1000万円を超えるとも言われています。
ですので、多い出費に対してはそれなりのプランを準備する必要があるのです。

そんなときに助けてくれるのが学資保険です。
学資保険は、出費が出るであろうタイミングを計算し、その年にピンポイントでお祝い金を支払ってくれたり、満額を支払ってくれたりとします。
家計も助かり、子どもの成長にも問題ないので、とてもうれしいポイントですよね。

第二に、保障内容も充実しているという点です。
学資保険は大きく分けて2つのタイプがあり、うち1つは貯蓄型、もう1つは保障型です。
この後者の保障型は、子どもが怪我をしたり、病気を患って入院した場合、給付金を支払ってくれるタイプです。
但し、給付金が支払われた場合、場合によっては満額を受け取れず、元本割れする可能性もあるので注意しましょう。

第三に、契約者にとっても得であるという点です。
子どもが怪我や病気になったときには、給付金が支払われますが、これ以外にも、子どもが死んでしまったとき、あるいは契約者が死んでしまったときなども、保険は支払われるのです。
これはそのときどきの状況によっても異なりますが、なにかしらのトラブルに巻き込まれた場合でも、家計や保険の心配をすることはないというのが、心強いですよね。
健康上の問題で学資保険に入れないケースというのがあるそうなので参考にしてください。

Menu