子供の為の知識

学資保険の見直しは必要

学資保険をはじめ、多くの保険は何度か見直す機会があると思います。
それがいつの機会になるかは、定かではないものの、家計の状態や、子どもの進学状況などによって異なるでしょう。
どんなときに見直しを行っていくべきなのが、検証してみましょう。

まず第一に、家計の状況から見直す場合です。
家計の状況は目間ぐるしく変化します。
また、近年の不景気の影響は凄まじく、一般家計にも容赦なく影響を与えます。
当然のことながら、一家の大黒柱、夫の仕事に関しても、一生安泰とは限りませんので、家計をいかにして維持していくかが大切です。
しかし、家計の状況は変化しますので、場合によっては現在の保険プランを見直す必要も出てくるでしょう。
最終的な満額をあらかじめ計算しておき、これなら大丈夫だろう、とするくらいで保険を始めてみましょう。

第二に、子どもの進学状況からの見直しの場合です。
家計と同様、あらかじめおおまかなプランを組んだとしても、そのとおりには進んでくれないのが進学です。
当然進学する学校によって学費は異なります。
中には、二倍ほど差があるところもあります。

また、子どもが子どもなりに考えた夢へ向かって、その道に沿った学校に入りたいとするかもしれません。
そんなときには、なにより学費が重要です。
いざというときに困らないためにも、あらかじめの備えは必要です。
そのときの状況を考えた上で、最適のプランを選ぶようにしましょう。

第三に、医療保障を加味して考える場合です。
学資保険には、そっくりそのままの貯蓄型と、保障が完備されている保障型があります。
子どもが成長していく上で、怪我や病気を心配されている方は、こちらの保障型を選びましょう。
但し、実際に怪我や入院、手術の際に支払われる給付金によって、満額の値が下がることもありえますので、あらかじめきちんと確認しておきましょう。

こちらに終身保険を学資保険の代わりにする方法が書かれていますので、よろしければご覧ください。

子どもの成長によっては、思いもよらぬ出費があることも。
またそれとは逆に、保険に対しての支払いが多いと考えている方も少なくありません。
保険にかけすぎて、家計が困窮してしまっては本末転倒なので、最初の契約前に確認することを忘れないでください。
学資保険の返戻率ランキングが載っているサイトがありますのでよかったらご覧ください。

Menu