子供の為の知識

学資保険はいつ入るのがお得

子どもが産まれたばかりの時や、これから産まれるときなどは、あまり保険のことまで考えが回らないものです。
しかし、今後のことを第一に考えると、必ず保険は必要となってくるものです。
これは子どものためでもありますが、同時に親のためでもありますので、しっかり確認していきましょう。

まずは、加入時期についてです。
子どもを基準に考えてみると、産まれたばかりのとき、つまり0歳のときの加入が最適とされています。
若ければ若いうちの加入の方が、保険料は安く設定されているためです。
では、学資保険は生まれる前から加入できるのでしょうか?
あとあとで保険に加入しようとすると、保険料が高くなっている可能性も出てきます。
例えば学校に入るときなどです。
保険のことを後回しにして、後悔が起きないように、早め早めの加入が大切です。

また、学資保険の加入と同様、これまで加入してきた保険なども、見直してみるといいかもしれません。
余談ですが、親の年齢も若いほうが良いとされています。
こういった観点から、0歳に加入した方が、保険料は安く、同時に家計に対する負担も少ないですので、楽になることが考えられます。

学資保険のメリットについてもご説明します。
実は学資保険に加入することにより、一定の年齢のときには祝い金を受けとることが可能なのです。
もちろん満額時にも、満額が受け取れます。

また、積み立て式とは異なり、医療保障を兼ね備えた保険もあります。
契約者が死亡するなど、万が一不慮の事故が起こった場合にも、保険料は免除され、祝い金や満期金をしっかり受け取れるのも特徴の一つ。

日本は教育制度が充実しているとはいえ、義務教育とされているのは中学までです。
高校や大学に関しては個別の進学といえるでしょう。
そのため、子どもひとりに必要な教育費は1000万円以上とも言われています。

これから子どもを育てたいと思っている方、ぜひ今一度ライフプランニングをしてみてはいかがでしょうか。
実は思ったよりも出費があり、困ったということを避けるためにも、あらかじめ備えは必要です。
こちらのサイトに学資保険を選ぶポイントというのがかいてありますので参考にしてください。

Menu