子供の為の知識

貯蓄性重視の学資保険とは

学資保険は、保険の一種には変わりないのですが、その内容は、子どもを育てていく上では避けては通れない内容となっています。
学資保険と子供保険の違いは何か?というのはこちらにかいてあります。
なぜ必要となってくるのか、いくつかポイントを分けて見てみることにしましょう。

まず第一に、子どもの学費はとても高いという点です。
子どもの学費はとても高いのです。
幼稚園から始まり、小学校、中学校、高校と進学していきます。
進学するにつれて学費はどんどん上がっていきますので、そのために貯蓄しておく必要があります。
普通に生きていく分では、なかなか貯蓄は難しいのですが、学資保険などで、月に決まった掛け金を貯蓄しておくことで、いざというときのためのお金を貯めておくことができます。

第二に、子どもの年齢とともに掛け金が上がるという点です。
学資保険を始められる年齢は意外と高く、15歳が加入の上限という会社もあります。
ですが、当然年齢とともに掛け金も上がります。
ですので、0歳から入ったほうが掛け金は安く、家計にも楽となります。
余談ですが、子どもの年齢と同時に、お父さんの年齢も若い方が良いとされています。

第三に、祝い金の制度があることです。
学費が高いということは先程述べましたが、長い人生には、ある程度まとまって出費があるタイミングがあります。
学資保険では、そのタイミングにあわせて祝い金が支払われますので、家計にとってはうれしい誤算となります。

第四に、元本割れの可能性です。
学資保険には大きく分けて、貯蓄型と保障型というタイプがあります。
貯蓄型は、そのまま掛け金を貯蓄していくタイプなのですが、保障型は、子どもが怪我や病気で入院した場合、給付金という形でお金が支払われるタイプとなっているのです。
但し、給付金として支払いがあった際には、満額受け取れず、元本割れとなる可能性もあります。
その点、貯蓄型はしっかり掛け金を納めることによって、祝い金や満額金を受け取れるので安心ですよね。

いろいろなメリットのある貯蓄型ですが、会社によっても特徴は異なりますので、しっかりチェックしましょう。
こちらに学資準備の必要性と契約までの流れについてかいてありますのでご覧ください。

Menu